すべて

シンガポールでのおすすめ鍼灸医院 ~ゆっくりじっくり相談できるところをお探しの方へ

本日、たまたま私が鍼の先生に会う用事とお客様の来院予定が重なったので、診察の通訳をしました(中国語で!自分でもびっくりするほど日⇔中通訳が上達していた)。

私自身も鍼やお灸に頼っているのですが、やはり鍼灸を選ぶ心理としては「なるべく自身の持っているカラダの力を底上げしたい」、「一気に調子が良くなる薬、しかし副作用もある薬。それから脱却して体調を持続的に安全に安定させたい」という心理が根底にあります。

西洋のお薬って本当に良く効きます。妊活をしている私もホルモン補充で、注射したり、膣剤、飲み薬を色々使います。数時間すると体調が激変します。

でも薬を止めた途端、元に戻ってしまいます。

ままならない研究努力と犠牲のもとに凝縮された薬で一気に体調を短期間に変化させることができる、そういう観点からは西洋薬は大変素晴らしいと思います。

しかし、当たり前ですが対処療法では体質は改善されないのです。その一時的な劇的な改善が、良くも悪くも根本にある問題を忘れさせてくれるからではないかと私は個人的に思います。

私の義父は糖尿病なのですが、ちょっと調子悪いな>薬飲んでおけば治るか>生活習慣の見直し機会が少なくなるという悪いスパイラルに見事はまっています・・・。

その逆で、漢方や東洋医学は、ゆっくりじっくり体や細胞を整えていく地味な作業です。実際に体調が良くなったという事を測る客観的なデータもありません。体調の変化は、あくまでも主観的な気づき、自ら変化を感じとるしかないので、非合理的だという方もいらっしゃいます。

自分の体と心に近道をせずじっくりと向き合う。それが漢方の本質だと私は思います。

しかしその長期間のプロセスの中で、ライフスタイルの見直し、改善、定着を図ることができることは喜ばしい副産物ではないでしょうか。

シンガポールでの鍼や漢方にご興味がある方は、ぜひLINE@でお問い合わせください。

中医師の先生が、英語があまり上手ではないので事前に相談内容を日本語で頂ければこちらで翻訳して先生にお渡ししています。先生の診断や漢方の内容なども日本語でまとめて返信しています。※時間が合えば通訳も行っています。

本日、診察を受けた方の感想はこちら↓↓

アトピーなどの皮膚疾患に鍼治療は効果があるかアトピー、湿疹、皮膚炎なども鍼での治療が可能です。皮膚疾患は五臓六腑の機能失調により引き起こされたと考えます。鍼治療では特定内臓、免疫細...
鍼・漢方の保険適用について(シンガポール)シンガポールではちょっとした不調から深刻な症状迄は漢方や、鍼治療で治すという意識が国民に幅広く根付いています。そのため、自然治癒力、自己...

 

イイねをクリック
してくれると励みになります!

ABOUT ME
Nilufer
皆さまの美と健康をサポートいたします。「自分の底力を上げるケア」と題し、シンガポールにて、よもぎ蒸しx東洋医学(鍼と漢方)xハーブ関連事業を展開。
よもぎ蒸し+鍼治療