漢方・鍼治療

不眠と女性ホルモンのバランスを整える漢方

漢方処方 相談内容

仕事をとても楽しんでいるのですが、夜遅くまで仕事のことを考えている時が多々あります。そのような時は決まって寝つきが悪く、眠ったはずなのに寝た気がせず朝起きてどんよりしています。不眠を解消するために運動したり、お風呂に入ったりしていますがなかなか改善しません。また、体調が崩れるとその月の生理痛もひどくなります。

朝服用:漢方の種類と説明
柴胡疏肝散さいこそかんとう

血と体液を巡らせるエネルギー源の「気」を補う。ストレスによる生理不順や生理痛に。肝気鬱結に用いる。

知柏地黄丸ちばくじおうがん

腎臓・膀胱などの泌尿器官や生殖器、内分泌系などの「腎」を整える。疲れやすい、むくみやすい方に効果的。また、水を飲んでいるのに口が渇くなど、水分代謝を調整する。

当帰芍薬散とうきしゃくやくさん

「血」の不足を補い、体内に栄養を運ぶ血液の循環を良くし、体を温める。女性特有のトラブル、生理不順、生理痛、更年期障害や、血の不足による産前産後の不調(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)に用いられる。

夜服用:漢方の種類と説明
柴胡加竜骨牡蛎湯さいこかりゅうこつぼれいとう

高ぶった神経、興奮した交感神経を鎮める。自律神経の乱れによるイライラ、不眠などに効果的。

天王補心丹てんのうほしんたん

寝つきが悪い、疲れているのに寝られないなどの陰虚(いんきょ)による不眠に。

イイねをクリック
してくれると励みになります!

ABOUT ME
Avatar
Nilufer
皆さまの美と健康をサポートいたします。「自分の底力を上げるケア」と題し、シンガポールにて、よもぎ蒸しx東洋医学(鍼と漢方)xハーブ関連事業を展開。
よもぎ蒸し+鍼治療